提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野菜

トマトの青枯れ病トマトの青枯れ病初期トマトの青枯れ病について教えてください。

トマト青枯病は、細菌が土壌伝染して起きる病害です。
地温が20℃以上のとき発病しやすく、25~30℃が発病の適温です。また、細菌は水によって伝染するので、降雨で浸水・冠水すると多発します。移植時の断根、肥料ヤケ、さらに摘芽や整枝のときに傷口から細菌が入って発病します。

【症状】 
日中、天気の良い日に先端葉がしおれます。初めのうちは、朝夕は回復しますが、そのうちに株全体がしおれるようになります。これは、根から侵入した細菌が、導管と呼ばれる茎の中の水分や養分の通るところで増殖して、水分の上昇を妨げるためです。

【発病時の対策】
 1.発生株は抜き取り、なるべく焼却処分します。
 2.その株の土は、シャベルなどで掘り取って取り除き、処分します。湿った土中に菌が生き残っているからです。菌は2~3年以上生存するといわれます。
 3.作業に使う道具類(くわ、移植コテ、剪定に使った刃物など)や農機具からも感染するので、消毒が必要です。

【防除法】
 1.育苗用床土は、培土など、新しいものを使用します。
 2.連作は絶対に避けます。少なくとも3年以上はイネ科、マメ科の作物を栽培しましょう。
 3.ハウス栽培では、1)土壌消毒、2)夏期の太陽熱利用消毒、を行います。
 4.露地栽培では、1)接ぎ木苗の利用、2)土壌消毒、3)土壌消毒+接ぎ木苗(台木―BF興津101号ほか)の利用、などを行います。