提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


稲作

最近、西日本ではイネ縞葉枯病が増加していますが、その原因や効果的な防除方法について教えてく ださい

 イネ縞葉枯病は、ヒメトビウンカ(写真左)によってイネに移されるウイルス病(写真右)です。近年、ヒメトビウンカの発生密度とイネ縞葉枯病の発生面積は、西日本を中心に関東地域以西の広い範囲で増加傾向にあります(図)。日本国外でも、九州の対岸にあたる中国江蘇省などではヒメトビウンカとイネ縞葉枯病の多発生が続いています。


  
左 :ヒメトビウンカ / 右 :イネ縞葉枯病の病徴


九州地域におけるヒメトビウンカとイネ縞葉枯病
図  九州地域におけるヒメトビウンカとイネ縞葉枯病
の発生面積率の推移(JPP-NET のデータによる)


 ヒメトビウンカは、トビイロウンカやセジロウンカのように海外から大量飛来しないといわれていましたが、2008年には西日本に、2009年には韓国西岸地域に、中国江蘇省からヒメトビウンカが飛来しました。海外飛来が見られた地域では、その後、イネ縞葉枯病の発生が増加しました。中国では現在でも多発生が続いているため、西日本では、中国における小麦の収穫時期にあたる5月下旬〜6月上旬にかけて、海外飛来に注意する必要があります。
 ヒメトビウンカは日本国内でも越冬するため、近年の関東以西の各地での多発生は、海外飛来によるものだけではなく、①温暖化に伴う暖冬による越冬時生存率の上昇や、②イネ麦二毛作による稲作開始前までの発生密度の上昇などが原因となっている可能性が考えられます。今後の発生動向に十分注意する必要があります。 

 九州地域では、いくつかの殺虫剤に対してヒメトビウンカの抵抗性が発達していることが報告されています(技術と普及 2010年8月号参照)。また、海外飛来したヒメトビウンカについても国内と異なる殺虫剤に対して抵抗性が発達していることがわかっています。飛来虫は日本で越冬できるため、海外飛来が起こった地域では、飛来虫と土着虫が混在あるいは交雑することによって、複数の殺虫剤に対する抵抗性がともに発達した虫も観察されています。
 今後は、地域ごとにヒメトビウンカの薬剤感受性の程度に変異が生じる可能性があり、注意する必要があります。

 防除対策としては、機械移植の当日に育苗箱施用薬剤を使うことが有効です。ただし、薬剤の種類によっては抵抗性が発達して効果が低いものがあることと、抵抗性の発達状況が地域によって異なることから、県の病害虫防除所等の防除指導機関から出される情報を参考に、効果の高い薬剤を使うようにしてください。


松村正哉
(独)農研機構九州沖縄農業研究センター 生産環境研究領域