提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


稲作

クログワイが稲の穂丈以上に伸びるほど、全面に繁茂しています。稲刈り後、早期の耕起と乾燥が有効と聞いていますが、他に秋冬期に出来る有効な除草対策がありますか

1.稲収穫後に除草剤を散布
稲収穫後に、早めに「ラウンドアップマックスロード」または「バスタ液剤」を動力噴霧器で散布します。茎葉から吸収移行して塊茎(球根)まで枯死させることができます。

2.除草剤を使用しない方法
稲収穫後に、深耕して塊茎(球根)を地上部に出し、乾燥させて枯死させる方法ですが、全てが地上部に出ないため、翌年も発生します。寒冷地では、地上部に出た塊茎を冬季凍死させる効果もありますが、寒冷地以外では温暖化や秋水田土壌の乾燥で、単年度では困難だと思われます。除草剤と組み合せる処理が効果的でしょう。

3.秋防除+翌年移植後除草剤散布する方法
移植後、クログワイ発生前に初中期除草剤を散布します。これに加え、クログワイが15cm以内で「バサグラン液剤」、20~30cmで「ワイドアタックSC」のいずれかを体系処理すると、完全に枯死させることができるでしょう。

いずれにしても、多発生田では秋に処理しておくことが大切です。