提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


農業機械

トラクタを使っての田んぼの耕耘方法とコース取りについて教えて下さい。

枕地の凸凹を防ぎ、均平に耕うんするには、以下を参考にしてください。

1.水田の機械入口から入り、外周から中央に向かって、陸上のトラックを回るように耕うんします。この方法は周囲に土を寄せず、かつ枕地を傷めません。

2.ロータリの構造上、耕うん時の爪は、一般に正転で回転し、土を後ろに飛ばす傾向があります。そのため、ロータリカバーでならしても、四隅は少々高くなります。

3.トラクタに逆転PTOがある場合は、逆転で土をゆっくり内へ引っ張り、高低差をなくする方法があります。

4.代かき時に入水した後に、代かきハローなどで、高い部分を逆転で中央に向かって引っ張ることも有効です。

5.四隅のみの場合は、耕うん初めに、四隅から中央に向かってX(エックス)状に耕うんすることも効果があります。