提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


農業機械

稲ワラや麦ワラが多くて埋込みできないときはどうすればよいですか。

【原因】
・水の量が多い(稿が浮いている)
・前作業の耕うんでワラが埋込みできていない
・入水後すぐに代かき作業をした
・作業速度が速い
・代かき軸の回転速度が速い


【作業のポイント】
圃場内の水を少なくしてから作業を行います。(代かき後の1日の減水深は20~30mmが理想的と言われています。また、水持の悪い圃場では砕土を十分にしておきます)
代かきの前作業でワラを埋め込むことが理想です。スキ、ディスクプラウ、水田プラウなどで天地返しを行うか、ロータリー耕をていねいに行うことが大切です。多少深めに作業することで、ワラの入り込む容積を大きくします。
入水から一定期間置くことで泥を膨軟にし、稲ワラに水分を吸わせ「浮き」を防止すると埋込性が良くなります。
車速を遅くして土を細かく砕土することで、稲ワラを入りやすくします。作業速度は1.5~3km/hが標準ですが、早すぎると埋め込み性が悪くなります。
代かき軸の回転数が高すぎると、ワラを後方へ吐き出すため、PTO回転数を下げて作業を行います。


サイバーハロー(小橋工業株式会社)  ウイングハロー(松山株式会社)

左:サイバーハロー(小橋工業株式会社)  右:ウイングハロー(松山株式会社)


※代かき作業は回数を重ねると、土が締まり酸素が欠乏して根腐れを起こす原因となります。少ない作業回数で仕上げることをお勧めします。

※代かきハローは、代かき作業専用爪を使用し、爪配列も十分考慮されていますので、代かき作業は専用の代かきハローの使用をお勧めします。


(くるみ会情報誌「ニューインプルNo.88」 2006年11月号から転載)