提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


青虫の足あと【26】

2009年07月30日

お金のこと

山田早織


6/20に長男が誕生しました!
長くて大変なお産でしたが、その分感動もひとしお・・・・!!


でも 出産ってホント お金がかかりますよねっ。
妊婦検診も毎回バカにならないし。
(私の住んでる浜松市は今年の4月から、
健診の一部公費負担が5回→14回になりました)
ベビーグッズもそりゃ高い。
お金はいくらあっても足りな~い!!
とりあえず「出産育児一時金」の受取代理制度を利用。
私が産んだ病院は、費用が50万円ほど。
そのうち35万を市から直接病院に払ってもらう。
でなきゃ払えないって!!


ちなみに私は自営業で、夫の扶養に入っていません。 国保です。
勤務している福祉施設も、パート扱い。
つまり、産休・育休をとっても、給付などは受けられないわけです。
まさに 「働かざるもの 食うべからず・・・」
結局「働けるうちに少しでも稼がなければ!」と
妊娠してからよく働きました。
重い物を持つ配達は出来ないから
施設での仕事を増やし、 1日8時間ほど
週に4日。それを産むギリギリ 6/15まで続けました。
(健康だったからできたのね)


幸いうちの夫はサラリーマン。
私が働かなくても 外で頑張って稼いできてくれる
でも、自営業で、夫婦で仕事している人は大変!
農家さんもそうだよね。
なんで給付が受けられないぃ~~~~!
社会のしくみで いろいろあるのもわかります。
私が知らないだけかもしれません・・・
でも!
同じように頑張って働いているのに・・・・ ツライなぁ。
~~なーんて考えちゃいました。


今まで保険のこととか お金のこととか
真剣に考えたことなかったけど、もっと前から考えるべきだったなぁ~。
無駄遣いをやめて節約するぞー!(無理だけど。)
でも そう思う人が国民の何割かを占めて
景気も悪くなっていくんだよね。
ゼヒ! 国保にもさまざまな給付金を!!
(ま、うちは私がじっとしていればお金が貯まるはず。 金食いムシ)

やまだ さおり

静岡県浜松市出身。フランス料理店に勤務後、23歳で起業した(有)しあわせ家族代表取締役、園芸福祉士。培養土、花苗・野菜苗の販売のほか、庭づくりや商店のディスプレー、野菜の宅配など、関心とニーズのある分野に事業とボランティアを展開中。