提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


信州発 “農”と言える日本人 【18】

2010年09月24日

前略・飛躍・し過ぎですか?

        高見澤勇太


 南牧村立南牧北小学校(以後北小)は、長野県内でもいち早く芝生の校庭を導入した小学校のひとつです。
 校庭を芝生にするメリットには地球温暖化防止・子どもたちのケガ防止などがあります。
 緑の木々と芝生、そしてその間にある校舎。芝生は学校を一段と引き立てる『名わき役』なんです。


 そんな北小で、先日『芝校庭運動会』が開催されました。
 北小の現在の全校児童数は82名。自分が在校生だったころは1学年で50名ほどだったので、小学校の存続を危ぶんでいます。でも元気な子供たちにそんなことは関係なく、運動会は大きな声援に包まれて進んで行きました。

 プログラムの中に「とびっくら」という種目があります。みなさんこれが何だかわかりますか?
 正解は「かけっこ」のことです。
 そして「早く走れ!」のことをこちらの地方では「ほら、とべ!」「はく(早く)とべ(走れ)!」といいます。そういわれても、子どもたちも空は飛べませんよね。


  


 ここで南牧北小学校の効果を紹介します。(一番だけ)

1.八ヶ岳われらの山
  千曲川われらの川
  この美しき大いなる地に
  われらは育ち われらは学ぶ
  おお 輩よ 誇らんかな 
  われらが母校        【作詞 草野心平】


 南牧村は農業立村です。校歌に歌われているこんな素晴らしい自然の中で、私たちは農業を営んでいるのです・・・が、小学校の生徒数が示すように、農業従事者の減少は一目瞭然です。


 先日の新聞には「農業就業者が5年前に比べて22%減」という記事が掲載されていましたが、これからさらに5年後がどうなっているのかを考えると怖くなってきます。(怖さの一部には、自分が5年後に百姓を続けられているのか? が含まれています)


 テレビでもおなじみの池上彰氏の著書『もし日本が100人の村だったら』の言葉を借りれば「100人のうち農業をしている人は2人ですが1.5人は65歳以上です」

 65歳以上の先輩~。まだまだ現役ですよー!
 65歳以下の0.5人~。絶対、農業やめるなー!


 管直人総理大臣~。早く何とかして下さい。いくら先進国でも食糧のない国は死んでしまいます。
 国会議員のみなさ~ん。みなさんも分かっているはずなのに・・・。なんとかしましょうよ。
 官僚のみなさ~ん。あなた方のような頭のいい方なら、いい知恵があるでしょう。


 2%の農業をしている人たちー。『負けるな~!がんばれ~!立ちあがれ~!』
 日本国を守れるのは俺たちなんだ~~~!

たかみざわ ゆうた

1964年長野県生まれ 北佐久農業高校卒業後、すぐに家業である農家の後を継ぐ。長野県農業士協会会長(07・08年)、野菜ソムリエながの代表(08・09年) 、南牧村議会議員(07年~11年)。座右の銘は「ゆるく・楽しく・美しく」