提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「野菜ソムリエ」の元気を作るおいしい食卓【26】

2016年02月19日

深谷カルソッツ!    

野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター 田代由紀子   


 カルソッツをご存知ですか。カルソッツとは、スペインのカタルーニャ地方のネギのこと。見た目は日本の根深ねぎですが、タマネギを改良した甘みの強い野菜です。スペインでは、カルソッツを泥が付いた状態で炭火に乗せ、真っ黒になったところで外側の皮を引き剝がし、中心の白い部分にたっぷりのロメスコソース(ナッツやトマトで作ったソース)をつけて、大きな口を開けてかぶりつく! そんな料理が一般的です。
 1月の最終日曜日には毎年「カルソッツまつり」が開催されるほど、カルソッツはカタルーニャ地方の冬の風物詩なのです。

 そんなカルソッツを日本でも食べられると聞き、ネギの一大産地、埼玉県の深谷を訪ねてきました。毎年1月の最終日曜日に「深谷ねぎまつり」が開催されているのです。


tashiro_26image2.jpg
深谷ねぎまつり


 会場の瀧宮神社の鳥居をくぐると、炭の臭いとネギの甘い香りが漂ってきました。一目散に「深谷カルソッツ」のコーナーへ。さすがにネギの産地、炭火焼き用として用意されていたネギは6品種。今回誘ってくれた野菜ジャーナリストの篠原さんにアドバイスしてもらい、坂東、龍翔、龍まさりの3種を選び、炭の上に置き、炭火で暖を取りながらしばし待つことに。

 ネギの皮が真っ黒になり、プチッとはじけた皮の間からグツグツとネギのジュースがあふれれば、おいしく焼けた合図です。一番外側の皮を一気に引き抜くと、真っ白なネギが現れます。どのネギも甘くて、ジューシー! しかも、同じように焼いたネギですが、食感や甘みが微妙に違い、品種の特徴を試すことができる、ぜいたくな食べ比べでした。


tashiro_26image1.jpg  tashiro_26image3.jpg


 スペインと違う点は「ロメスコソース」はなく、醤油・塩・味噌マヨ・焼肉のタレ・スウィートチリソースに加え、チョコレートや砕いたポテトチップス、はちみつにシナモンを加えたハニーシナモンなど、変わり種もそろっていたこと。野菜であるネギが、意外にも甘いものと合うことがわかり、大発見です。


 会場では、地元のレストランやお店が出店している飲食ブースも充実していました。ネギ入りのほうとう、極太のネギの入ったねぎ汁、ネギのポタージュスープ、ごま油で和えた刻みネギがはさんであるネギ塩ドッグ、ネギ入りの焼き小龍包、お団子の間にネギを刺した「みたらしねぎ」やネギのジェラートまで。ネギのフルコースが楽しめるようなラインナップです。


tashiro_26image4.jpg  tashiro_26image5.jpg 
ネギ塩ドッグ()とジェラート(


 また、ひときわ目をひいたのが、美しい赤紫色の赤ねぎと白い深谷ねぎをセットにした「紅白葱」。この紅白葱で色鮮やかな料理を作ったので、ご紹介します。


【紅白葱と豆腐の煮込み】
tashiro_26image6.jpg


【材料】
ねぎ          1本
赤ねぎ         1本
豆腐          1丁   
ごま油      大さじ1杯
鶏ガラスープ   200cc
水どき片栗粉      適量
塩           適量
            
【作り方】
1. 赤ねぎの外側の1枚を外し、みじん切りにする。
2. 赤ねぎの中心とねぎを2cmの長さの小口切りにする。豆腐も2cm角に切る
3. 鍋にごま油を入れて2を焦がさないように炒め、鶏ガラスープ、豆腐を加え一煮立ちさせて塩で味を整え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
4.器にもり、1の赤ねぎのみじん切りを散らす。

たしろ ゆきこ

野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター。「楽しく、美味しく、健康な生活を!」をコンセプトに野菜についてのコラム執筆、セミナー開催、レシピ考案などを行っている。ブログ「最近みつけた、美味しいコト。。。」で日々の食事メニューを発信中。