提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「野菜ソムリエ」の元気を作るおいしい食卓【9】

2014年09月17日

秋冬野菜の準備、始まりました!「体験農園」   

野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター 田代由紀子   


 真夏の猛暑が嘘のように、9月に入るとすっかり秋の気配を感じるようになりました。今年の夏はトマト・ナス・ピーマン・エダマメがよく実り、一夏中買わずにすむほど収穫できました。また、2本植えたナスのうち、少し元気のない1本の枝を思い切って切り戻し、秋ナスにチャレンジすることに。しばらくすると次々にきれいな葉が伸び、花をつけ、小さな実がなり始めました。今年はもうしばらくナスが楽しめそうです。


tashiro9_image1.jpg
ナス


 今シーズン一番出番の多かったナス料理は「ナスの香味ソース和え」。ミョウガの香りがさわやかで、ちょっとピリ辛な、食の進む一品です。


【ナスの香味ソース和え】
tashiro9_image2.jpg


【材料】
ナス    4本
ネギ    5cm
ショウガ  1/2片
ミョウガ  1個
酢     小さじ2
しょうゆ  大さじ1
豆板醤   小さじ1/4
片栗粉   適量
油     適量


【作り方】
1.ネギ・ショウガ・ミョウガをみじん切りにし、酢・しょうゆ・豆板醤を加えよく混ぜる。
2.ナスを食べやすい大きさに切り(乱切り)、片栗粉をまぶして多めの油でこんがり焼く。
3.ナスが熱いうちに1.のソースに加え、よく混ぜる。
4.3.を皿に盛り付けて完成。


 すでに真夏から、次々と秋冬野菜の準備が始まっています。7月の後半にはニンジンの種まき。今回は「恋ごころ」というロマンチックな名前の種をまきました。今ではフサフサの葉っぱが土の上に顔を出しています。


tashiro9_image3.jpg  tashiro9_image4.jpg
ニンジンの種(左)と葉(右)


 8月後半はハクサイの種まきです。今年も昨年同様、2種類のサイズのハクサイを育てます。50日で収穫できる少し小さなハクサイ「お黄にいり」と普通サイズの「黄ごころ85」。わが家のような少人数家族は「お黄にいり」のような小さなハクサイが重宝です。こちらも、すっかり本葉が伸びて、そろそろ間引きが必要です。


tashiro9_image5.jpg
ハクサイ


 間引いたハクサイの葉はやわらかく、サラダや煮込み料理でいただきました。


 9月に入るとチンゲンサイ・ミズナ・ホウレンソウの種をまき、キャベツとブロッコリーの苗の植え付けです。キャベツは、とんがり頭の「みさき」というタケノコキャベツを初めて育てます。一度だけお店で見たことがありますが、食べたことはありません。やわらかくて甘みのあるキャベツとのことなので、楽しみです。

 あとは、青首ダイコン・おふくろダイコン・聖護院ダイコンの3種の種をまいて、秋冬野菜の準備も一段落。体験農園で野菜を育てるようになり、季節の移り変わり、旬の食材のおいしさが、身をもって感じられるようになりました。


tashiro9_image6.jpg  tashiro9_image7.jpg
左 :チンゲンサイ・ミズナ・ホウレンソウ / 右 :キャベツ苗

たしろ ゆきこ

野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター。「楽しく、美味しく、健康な生活を!」をコンセプトに野菜についてのコラム執筆、セミナー開催、レシピ考案などを行っている。ブログ「最近みつけた、美味しいコト。。。」で日々の食事メニューを発信中。