提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


根菜類・いも類

タマネギ栽培の作業体系

2012年5月16日

圃場準備

●プラソイラやサブソイラで排水対策を行います。
●定植20日前までに石灰類や堆肥を施用します。 


排水対策 サブソイラ()と、プラソイラ(
 

ライムソワーによる石灰散布

育苗

●育苗には、地床育苗とセル成形育苗があります。
●地床育苗は育苗の資材と労力が少なくてよく、セル成形育苗は、小面積で大量の苗を育苗でき、定植作業が省力的です。

「地床育苗」
●石灰資材、完熟堆肥は播種1カ月前までに施用し、土壌pHを6.0~6.5に調整します。
●苗立枯病や雑草の発生を防止するため、播種2週間前までに土壌消毒をしておきます。
●施肥量(a当たり)は、窒素1.5~2.0kg、リン酸2.5~3.0kg、カリ2.0~2.5kgを目安に施用します(地域により異なりますので注意してください)。
●品種に応じ、適期播種を行います。
●覆土後に十分潅水し、寒冷紗等を被覆して、一斉発芽を促進します。

「セル成形苗育苗」
●448穴のセルトレイを使用します。
●種子はコーティング種子を使用し、播種機で播きます。
●遮根シ-ト等で、トレイを地面と隔離しておきます。
●播種後は覆土が乾燥しないように、こまめにかん水します。
●草丈が高くなったら剪葉を行います。


 :みのる製タマネギ全自動播種機 /  :セル成形苗の育苗状況

基肥施用、定植準備

●定植7日前までに基肥を施用します。
●砕土率が活着の良否に影響するので、土壌水分に注意して耕起します。
●マルチ栽培の場合は、畝立て後に軽く鎮圧してからマルチを被覆します。


 :フロント施肥機+トラクタ /  :トラクタ+超砕土成形ロ-タリ

定植

●10a当たりの植付本数は、27,000~30,000本です。
●作型に応じ、適期定植を行います。
●生長点が土にかくれる深植えは、定植後の生育が抑制されるので注意します。


 :クボタ全自動歩行型定植機 (OPK-4)/
 :クボタ半自動乗用型定植機 (KP-2SE)

追肥・土入れ・雑草対策

●追肥は、1月中下旬に1回目、2月下旬~3月上旬に2回目を行います(地域や土質等により 異なります)。
●追肥後は、低温と乾燥からの根の保護、除草、肥効促進のため土入れを行います。
●雑草の発生が見られる場合は除草剤を活用します。

防除

●苗からの持ち込みがないよう、苗床での防除を徹底します。
●本圃の薬剤防除は予防を重点に実施します。


乗用管理機+ブ-ムスプレ-ヤ

収穫・調製

●極早生種は、肥大した球から順次収穫します。
●早生・中晩生種は、茎葉が7~8割程度倒伏が見られはじめたら収穫します。
●品種によっては、収穫時期の遅れにより品質が低下する恐れがあるので、適期収穫に努めます。


 :タマネギ収穫機 /  :タマネギピッカー

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

◆野菜編 もくじはこちら