農作業便利帖

みんなの農業広場トップページ> 農作業便利帖> ダイコン栽培の作業体系

ダイコン栽培の作業体系

2008年5月15日

圃場準備                     ▼機械情報はこちら

プラソイラでの作業  (提供 熊本県球磨地域振興局農林部 農業普及指導課)  ●心土を表層に出すような深耕は、萎黄病の被害を助長する恐れがあります。青首ダイコンの耕深は20cm程度とし、ロータリー耕は作土層に限ります。耕盤があれば、プラソイラやサブソイラなどで心土を破砕します。
●堆きゅう肥は、前作または播種する1~2カ月前までに施用します。
右 :プラソイラでの作業  (提供 熊本県球磨地域振興局農林部 農業普及指導課) 

基肥施用、播種準備                  ▼機械情報はこちら

ブロードキャスタ ●萎黄病、そうか病、ネグサレセンチュウ被害が発生する畑では土壌消毒をします。 
●高温期は播種1週間前までに、低温期は2週間前までに基肥を施用します。
●窒素施肥量は高温期には少なく、低温期には多くします。高温期には、ホウ素を含む微量要素肥料を施用します。
●マルチをする場合、低温期は透明、緑色、黒色ポリフィルムを、高温期はシルバー、白黒ダブルマルチなどを使用します。ベッドとフィルムを密着させます。
右上 :ブロードキャスタ

超砕土ロータリー グランドソワー
左 :超砕土ロータリー  / 右 : グランドソワー

播種                        ▼機械情報はこちら

●露地栽培では畦幅50~60cm、株間20~25cm、深さ1.5~2cmに、1カ所に2粒播種します。
●播種前に、キスジノミハムシ、タネバエを防除するためのに殺虫剤を土壌施用します。
●間引きを省略するために、1粒まきも行われます。
●シードテープ、ベルトシーダなどが使用されます。
●耕起・うね成形・マルチ・播種を一行程で行う機械もあります。

施肥耕耘畦立同時播種機歩行用シーダー
左 :耕起・うね成形・播種を一行程で行う施肥耕耘畦立同時播種機 
右 : 歩行用シーダー


【トンネル栽培】
・冬まきではビニル等で保温をして、花芽分化抑制と生育促進、寒害防止を図ります。
・冬季に播種する場合、播種から5葉期までは35℃、10葉期までは30℃、20葉期以降は20℃を目安に温度管理をします。 
・抽根後、トンネル内が-5℃以下になるようであれば、不織布をべたがけします。
 
不織布のべたがけ栽培トンネル栽培
左 :不織布のべたがけ栽培 / 右 :トンネル栽培

間引き

中耕培土 ●本葉4~5葉期に病害虫に侵された株や生育の不良な株を間引いて、1本立ちにします。 

【中耕・土寄せ】
・間引き後追肥をして、中耕・培土をします。
右 :中耕培土  

防除                        ▼機械情報はこちら

●本葉4~5葉期の初生皮層剥奪期に、殺菌剤を散布すると病気予防効果が高くなります。
●ハイマダラノメイガ、アブラムシ、コナガ、ヨトウムシ類は、初発期に防除します。
●白さび病菌によるわっか症は、殺菌剤の土壌施用、間引き前後の薬剤散布で防除します。

ブームスプレーヤラジコン動噴
左 :ブームスプレーヤ / 右 :ラジコン動噴   

台風対策

●台風襲来前に、寒冷紗や不織布でべたがけをします。培土をして、畝間に溝を切ります。
●台風通過後、土壌表面が乾いたら中耕します。
●病気予防のため、殺菌剤を散布します。ホウ素などの微量要素入り肥料を混用すると、生育の回復を早められます。

収穫・調製                     ▼機械情報はこちら 

収穫機 ●根径が7~8cm、根重1kgになったら収穫を始めます。
●収穫が遅れるとスが入るので、注意します。
●ハーベスタにより抜き取り、コンテナ収納ができます。
●水洗後は十分水を切ります。
●洗浄水による病気の発生を予防するため、水は定期的に替えて、きれいな水を使用します。
●高温期には、気温の低いうちに収穫し、予冷をして出荷します。
右上 :収穫機
 

大根ひげ取り機大根アジャスタ
左 :大根ひげ取り機 / 右 :大根アジャスタ 
 

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

◆野菜編 もくじはこちら

←農作業便利帖一覧に戻る

このページのトップへ

全国農業改良普及支援協会
KUBOTA
クボタ電農スクエア
クボタeプロジェクト
農業温暖化ネット