提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


稲作経営の改善

2009年8月21日

(2014年8月 一部改訂) 

経営活動の記録をつける

「経営データを記録する」 
●経営改善を進めるためには、生産記録や会計記録(簿記)、販売記録などの経営データを記録することが重要です。
●生産記録には、土地台帳、作物作付台帳、圃場図、作業日誌、収量一覧表などがあります。

「作業日誌」
●作業日誌は、時刻を先に記入した様式を準備しておきます。
●作業者別に作業を行った時間に線を引き、そこに作業内容や作業を行った圃場名を記入します。
●その日にどのような資材(肥料、農薬など)をどれだけ使用したかも記入します。
●このような作業記録を付けることにより、誰が、どの圃場に、いつ、どれだけの時間、何の作業をしたか、また、その際に資材をどれだけ投入したのかを記録できます。

2014_09ine15_image1.jpg
東北地域のある稲作経営が記帳している作業日誌

●作業の記録はパソコンで行うこともでき、そのためのソフトも市販されています。

「圃場図を作成する」
●圃場図を作成し、作物や品種、栽培方法ごとに色分けしておくと、土地利用計画や作業計画が立てやすくなります。
●特に、作業する圃場枚数が100筆を超えるような大規模経営においては、GIS(地図情報システム)等IT技術を活用した圃場管理を実施していくことは不可欠の課題となっています。
●圃場別の作業管理や生産管理を支援するソフトとして、近畿中国四国農業研究センターが開発した作業計画・管理支援システム(PMS)があります。このシステムは、次のホームページから無料でダウンロードして利用することができます。
 ▼「作業計画・管理支援システム(PMS)」はこちら

2014_09ine15_image2.jpg
ある法人経営が作業計画・管理支援システム(PMS)により作成している圃場図

経営記録を整理する

●作業や栽培の記録には、圃場ごとに、いつ、何の作業を行い、どの資材を用いたかを整理しておきます。
●日々の栽培管理の内容が確認できるとともに、栽培履歴としても活用できます。
●乾燥調製作業の時などに工夫して、圃場別の収量を把握するようにしておきます。
●圃場の良し悪しや、品種や栽培方法の収量への影響などが把握でき、収量に関する実績を翌年の作物・品種配置や、栽培方法の改善に活かすことができます。

ある集落営農組織が作成している圃場別資材投入量の整理表
2014_09ine15_image3.jpg

ある法人経営が作成している圃場別収量の一覧表(大豆の例・一部)
2014_09ine15_image4.jpg

「労働管理などに生かす」 
●作業日誌から作業者別や作物別の労働時間を集計して、それらを時期ごとに整理します。
●どの時期に最も作業が競合しているのか、また、新しい作物を導入する場合にどの時期がねらいとなるかが、視覚的に分かります。

2014_09ine15_image5.jpg
ある稲作経営の年間の労働時間の状況

経営診断・分析を行う

●簿記データをもとに作物ごとの費用を計算し、同じ地域や同じ規模の経営の数値と比べてみます。
●これによって、どの費目に多く費用がかかっているか、また、どこがコストダウンのターゲットになるかが分かります。
●比較する費用(生産費)は、農林水産省のホームページなどからも情報を得ることができます。

米生産費の全国平均及び大規模層平均との比較
2014_09ine15_image6.jpg

●年に1回は、簿記データを用いて経営診断を行ってみましょう。
●農林水産省では、以下のホームページにおいて、経営改善に必要な取組みの実施状況や経営データを自らチェックすることで経営改善を促し、農業所得の向上等に資することを目的とした新たな経営指標を作成するとともに、経営改善実践システムを提供しています。
 ▼農林水産省:新たな農業経営指標

2014_09ine15_image7.jpg
指標による評価結果シート

●農研機構の経営管理システムを担当するグループでは、マネジメントサイクルを想定して、経営実績の分析(Check)、改善案の検討(Act)、改善計画の策定(Plan)に関わる経営活動を支援するシステムを開発しています。
●このシステムの名称をCheck-Act-Plan Support Systemの略称としてCAPSSとしています。
●CAPSSは、新規就農計画の検討、経営実績の分析、経営改善案の検討、改善計画の策定などのマネジメント・サイクルに即した利用ができます。
●特に、新規就農者の支援担当者による利用が期待できます。
●このシステムは、中央農業総合研究センターの次のホームページから無料でダウンロードして利用することができます。
 ▼「農業経営の実績評価・改善計画を支援するシステム(CAPSS)

2014_09ine15_image8.jpg
CAPSSを構成するシステム(サブモジュール)の一つである営農計画策定支援システムZ-BFMの出力例(一部)

2014_09ine15_image9.jpg
CAPSSによる財務診断サービスの出力画面(一部)

合理的な経営管理を行う

「客観的な評価で経営をみる」 
●経営の良し悪しは、売り上げや所得に、まず表れます。
●加えて、そのような数字で示されることだけでなく、経営管理における一つ一つの取り組みや、経営運営に当たっての心構えについてもチェックを行っていくことが望まれます。
●上記の農林水産省の「新たな経営指標」のページでは、「経営改善のためのチェックリスト」を提案しています。

2014_09ine15_image11.jpg
経営改善のためのチェックリスト

●また、農研機構の経営管理システムのグループでも、経営管理の実践事例や、経費削減のためのチェクリスト、複合化を進めていく際のチェックリスト、経営管理の合理化のためのチェクリストなどを公開しています。
 ▼「経営改善に向けた経営管理の実践事例とチェックリスト

2014_09ine15_image10.jpg
ホームページの中の「経営管理の合理化のためのチェックリスト」(一部)

●このような定性的な側面と、収益や費用など定量的な側面の両面から、経営内容や経営改善に向けた取り組みのチェクを行っていくことが望まれます。

執筆者 
梅本 雅
農研機構 中央農業総合研究センター 企画管理部長 

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

◆稲編もくじはこちら