提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


雑穀・山菜・その他

ワラビの栽培

2010年9月14日

系統と生育環境

●ワラビはウラボシ科(類)に属する多年生のシダ植物で、世界各地に分布し日本国内でも全国に生息しています。
●系統(野菜類の品種に相当)は、アオワラビ系、ムラサキワラビ系、その中間系に分類されますが、他品目に比べ明確な基準はありません。

benri_warabi_hyo1.jpg

●生育の適地は、日当たりがよく、排水性に優れた肥沃な酸性土壌(pH5.0~5.5)です。転作田で栽培する場合は、必ず堆肥等有機物の施用や明渠等の排水対策を行い、可能であれば耕盤破砕(サブソイラー等)も行っておくとよいでしょう。 


 :転作田で萌芽したワラビの可食部 /  :ワラビの株養成(夏期)

栽培のための根茎の準備と植付け

●自生地からの根茎の掘採りは、地上部(ホダ)が枯れてデンプン(糖類)や他養分が根茎に転流した後に行います(北東北では11月上~中旬)。
●掘取りの時点で、根茎には既に新芽(若芽)が形成されており、翌年春の日平均気温が10~13℃になると萌芽し、積算気温240℃前後で収穫開始となります。 



●根茎は、長さ20~25cm中に新芽が4~5つ以上あるものを使用します(新芽数がそれ以下だと翌春の萌芽数が極端に少ない)。 



●根茎量は200kg/10a、植付深15cm、植付幅15cmです。 

benri_warabi_image5.jpg

●植付時の畦幅は基本的に100cmですが、広畦(300cm)にすると栽培1年目に限り通路の機械除草(管理機・ロータリ耕)が可能です(2年目以降は地上部繁茂により不可)。 
●根茎は乾燥に極めて弱いので、掘採り後速やかに植付けします。 


 :堀取ったワラビの根茎 /  :根茎を植え付ける畦

栽培

<肥培管理> 
●ワラビは、アスパラガスや他野菜類と同等の吸肥力があると推定されます。
●また、根茎の分枝・伸長を促して早期の成園化を図るためには、それに応じた施肥量が必要です。


※栽培2年目以降では、施肥・萌芽前に前年の茎葉残渣を焼き払い、地温の上昇を促す
※施用位置が植付溝・畦面の場合は、標記の量をその位置に施用する(畦面60cm、畦幅100cmと想定)


<収穫の目安>
●ワラビの萌芽期は、九州地方が3月下旬、関東・中部地方が4月中旬、東北地方が5月上旬で、収穫開始はさらに2~3週間後です。各年次ごとの収穫量の目安は以下の通りです。

benri_warabi_image9.jpg
 

参考文献
・新特産シリーズ ワラビ 早期成園化と多収栽培の実際 (農文協)
・楽しく作ろう いわての恵み (岩手県農業改良普及会) 


執筆者 
佐藤 喬
岩手県中央農業改良普及センター西和賀サブセンター
(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

◆雑穀・その他編 もくじはこちら