提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


土づくり

土づくり編(2) 心土破砕

2011年5月 2日

 ●水はけが悪い
 ●根の張りをよくしたい
 ●深耕をしたいけれど表面の土を動かしたくない
 

下層に石が多かったり、地力がなく下層土を表層に出さず排水や根張りをよくしたい場合は、サブソイラによる作業が適しています。 

サブソイラの特徴

サブソイラの特徴は、土中にシャンクと呼ばれるナイフを入れて、土の上下移動をせずに耕盤を破砕し、膨軟にします。
この結果、通気性、通水性がよくなり、根が伸びやすくなります。また、排水性も改善されます。

サブソイラ

●サブソイラには、振動式と非振動式があります。
●サブソイラ作業はトラクタのけん引力を使った作業で、深く耕起するには、ある程度大きなトラクタが必要となります。
●耕起深さが40cmの場合、ナイフ1本で20馬力程度、2本で30~40馬力、3本で50~70馬力のトラクタが必要になります。 


サブソイラ

●振動式サブソイラは、トラクタのPTO軸動力でナイフを振動させることで必要なけん引力が小さくなり、堅い耕盤でも低馬力のトラクタで深く耕起することができます。
●ハウス内などの心土破砕作業に適しています。 


振動式サブソイラ+弾丸

 ▼トラクタの情報はこちらから

サブソイラと類似の機械

●サブソイラと類似の機械に、プラソイラやソイルリフタがあります。


左から上から プラソイラ / ソイルリフタ

●これらの機械は、サブソイラのように心土破砕を行うだけでなく、部分的に下層の土壌を表層に持ち上げる効果があります。
●サブソイラよりも高い心土破砕、排水、根域拡大効果があります。 

●サブソイラには、ナイフが土中で摩耗するのを防ぐために、ナイフガードという部品が装着されていますが、ナイフガードをモールドボード(排土板)に交換すると、プラソイラになります。

●サブソイラには、ウイングや弾丸といった追加装備があります。
●ウイングを装着すると、心土破砕範囲を広げる効果があります。
●弾丸を装着すると、簡易暗渠の施工ができます。


サブソイラ+弾丸


 ●土づくり編(1) 堆肥散布作業    ●土づくり編(3) 耕起   

◆機械編もくじはこちら

※農業機械の情報は