提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


根菜類いも類

ダイコン (アブラナ科)

2009年6月24日

栽培のポイント


●栽培時期に合わせた品種を選び、適期にタネをまきます
●畑は深く耕して、高い畦をつくります
●土づくりは前作に行います
●比較的連作がきき、作りやすい作物です
 

品種

●春まき :天宝、藤風、YRてんぐ、春まき耐病総太り、夏みの早生三号
●秋まき :耐病総太り、YRくらま、青さかり、耐病干し理想、快進2号、大蔵
●丸ダイコン :冬どり聖護院、早太り聖護院
●ミニダイコン :三太郎、おてごろダイコン2号
●辛みダイコン :辛之助、雪美人、辛吉、辛味199

栽培ごよみ 


 (南関東標準) 

畑の準備

ダイコンは、地下部を収穫するので、なるべく深く耕します。 daikon_junbi.jpg

種まき


タネまき後に、1cm程度に土をかけ、土が乾いたらかん水します。

間引き

本葉2~3枚の時に1か所2本にし、本葉4~5枚の時に1本にします。
生育や葉色の悪いもの、良すぎるもの、子葉が不整形なもの、病害虫の被害を受けているものなどを間引きます。


追肥と土寄せ

1回と2回目の間引き後に追肥をします。
土が乾いたら、適宜かん水します。
 

主な病害虫

●虫害
アブラムシ、アオムシ、ヨトウムシ、ハイマダラノメイガ(ダイコンシンクイムシ)、ネキリムシ類、ナノクロムシ(カブラハバチ)、キスジノミハムシ、センチュウ類 
●病害
黒腐病、黒斑細菌病、軟腐病、亀裂褐変症、べと病、白さび病、モザイク病


亀裂褐変症
亀裂褐変症

ニセダイコンアブラムシ葉の裏に付いたヨトウムシの卵塊
左 :ニセダイコンアブラムシ / 右 :葉の裏に付いたヨトウムシの卵塊 (左右とも提供 :社団法人日本植物防疫協会)

収穫

使った品種の生育日数、気象条件、大きさなどを考えて収穫します。
ダイコンは収穫期間に幅がありますが、収穫が遅れるとス入りになります。
早生種ほど入りやすいので、注意します。


ミニ情報



●人気の葉ダイコン
ビタミン・ミネラルをたくさん含む健康野菜です。周年栽培で楽しむことができ、人気を呼んでいます。
葉太郎(提供:タキイ種苗株式会社)●品種
葉太郎・ハットリクンなど
●作り方
適当な畦幅に、15cm間隔で2~3cm間隔に条まきします。
草丈10cm程度の時に6cm程度に間引き、草たけ20cmくらいから収穫します。
●食べ方
浅漬け、和え物、炒め物、サラダなど
右 :葉太郎 (提供 :タキイ種苗株式会社)

◆家庭菜園編 もくじはこちら