提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


葉茎菜類

ツルムラサキ (ツルムラサキ科)

2012年6月18日

栽培のポイント

●栽培期間が長く、生育旺盛です
●高温を好み、霜には弱いので気をつけます
●乾燥に弱いので、盛夏時には敷きわらや、かん水をします
●酸度は、6.5と微酸性を好みます

品種

・株全体が緑色の青茎系の太茎種
・シンツルムラサキといわれる赤茎系
野菜用には緑色系、観賞を兼ねる場合は赤茎系を使うとよいでしょう。

栽培ごよみ


 (南関東標準) 

畑の準備

タネまき・定植


4月下旬か5月上旬頃に、タネ
(写真右)を1昼夜水につけます。
●直接タネをまく場合
株間30cmに、1カ所3粒ずつタネをまき、土をかけて、十分かん水します。
●定植する場合
ポリポットにタネをまいて苗を作ります。
本葉3~4枚になったら、植え付けます。

タネまき後の管理

tsurumurasaki_image5.jpg
●誘引
草丈が30cm位になったら支柱を立て、摘心をして、わき芽の発生を促します。
つるは巻きつく力が弱いので、ひもで結んで、つるの先がたれさがらないようにします。
●追肥
草丈が20cmの頃から、追肥を行います。 月1回の割合で、有機化成肥料を10㎡当たり500gを畦の両肩に施し、浅く土をかけます。
●敷わら
高温には強いですが、乾燥に弱いので、支柱立てが終わったら敷わらか敷草をして、雑草が生えるのを防ぎます。

主な病害虫

●主な害虫
アブラムシ ヨトウムシ


ヨトウムシ

(提供 :社団法人日本植物防疫協会)
(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

収穫


つるの先が15cm程度に伸びたら、下葉から1枚おきに、葉軸とともに摘みとって収穫します。
側枝が伸びてきたら、10cm位で切り取ると、茎ごと食べられます。

◆家庭菜園編 もくじはこちら