提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


葉茎菜類

モロヘイヤ (シナノキ科)

2012年5月 8日

栽培のポイント

moroheiya_image1.jpg ●土壌適応性は広く、中性を好みます
●耕土が深く、排水良好な場所が適しています
●発芽適温は25~28℃で、高温・日照を好みます
●小まめに若芽をつみとります
●タネはごく小さいので気をつけます

品種

品種の分化は不明。「モロヘイヤ」と呼ばれている市販のタネを使います。

栽培ごよみ

moroheiya_hyo.jpg
 (南関東標準) 

畑の準備

育苗

発芽適温が高いので、地温・気温の高くなる頃に、苗床かポリポットを利用してタネをまきます。
遅まき(5月中旬以降)の場合は、じかまきでもよいでしょう。

植付けと植付け後の管理

本葉4~5枚の頃に植付けます。
株間は40cmで、1条植えにします(じかまきの場合も同じ)。

植付け1~2週間たって、根づいて新葉がでてきたら、本葉5~6枚を残して摘芯します。
収穫後、月に1回の割合で有機化成肥料を500gほど施し、軽く土寄せをします。
乾燥しすぎると肥効が落ちるので、適宜かん水します。

主な病害虫

●主な害虫
コガネムシ ハダニ



コガネムシ

(提供 :社団法人日本植物防疫協会)
(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

収穫

moroheiya_image2.jpg 葉が繁ってきたら、適宜新葉を摘みとり、収穫します。
分岐性が強いため、混みあっているところから収穫をはじめます。
収穫する長さは、15~20cmを目安とします。

◆家庭菜園編 もくじはこちら