提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


葉茎菜類

芽キャベツ (アブラナ科)

2011年11月 8日

栽培のポイント

●アブラナ科のため害虫が多く発生します
●肥切れに気をつけます
●倒伏しないよう、気をつます
●結球はじめには、忘れずに葉掻きをします

品種

●早生子持
耐暑性が強く、作りやすい早生種。直径2.5cmのかわいい大きさが1株から90球程度とれる
●ファミリーセブン
太く伸びた茎にびっしりと球がつく。早生種で、球のしまりもよく、形もよい
(右 :早生子持 提供 :タキイ種苗株式会社)

栽培ごよみ

mekyabetsu_hyo.jpg
 (南関東標準) 

育苗

mekyabetsu_04.jpg ●箱まき
木箱か発泡スチロールの容器(高さ10cm程度)に培土を8cm入れ、9cm間隔に条まきします。
本葉2枚のころに、10×10cm間隔に仮植えします。 

●ポリポットまき
直径9cmのポットに培土を入れ、4~5粒タネをまきます。 
本葉3~4枚までに2回ほど間引き、1ポット1株にします。

真夏の育苗なので、高さ1mくらいのところに水平に寒冷しゃを張り、遮光して温度を下げます。

畑の準備

mekyabetsu_jyunbi.jpg

植付け

 本葉5~6枚の苗を株間40~45cmに植え付けます。

追肥・土寄せ・下葉掻き

mekyabetsu_02.jpg 一度肥切れさせると回復が難しいため、苗の活着のときと、その後1カ月おきに、有機化成肥料を10㎡当たり400g施し、土寄せをします。
結球はじめころに下葉掻きをし、光線によくあてます。
地際に近いところに、しまりの悪い軟らかい球がつくので、取り除きます。

主な病害虫

●主な害虫
アブラムシ、アオムシ、ヨトウムシ、タマナギンウワバ、ネキリムシ、カタツムリ・ナメクジ類
●主な病害
苗立枯病、黒腐病



左から上から 有翅モモアカアブラムシ / モモアカアブラムシとニセダイコンアブラムシ


左から上から ヨトウムシ(老齢)(キャベツ) / ヨトウムシ(卵塊)(キャベツ)

(画像提供 :社団法人日本植物防疫協会)
(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

収穫

茎の下の方から結球します。
直径2.5cmくらいの、固く締まった球からかき取って、収穫します。
(右 :早生子持 提供 :タキイ種苗株式会社)

ミニ情報

◆家庭菜園編 もくじはこちら