提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


葉茎菜類

コマツナ (アブラナ科)

2009年6月24日

栽培のポイント

●比較的連作がきき、つくりやすい葉ものです
●周年栽培ができ、栽培時期に合わせた品種を選定します
●有機質に富んだ土づくりが重要です
●タネが細かいので、厚まきに注意します
●アブラナ科のため、特に害虫に注意します

品種

●夏楽天、楽天、極楽天、さおり、みなみ、あゆみなど
●萎黄病に強い品種は、あゆみ、ひとみ、楽天、浜美2号、なっちゃん、菜々子など
●白さび病に強い品種は、菜々音、菜々美など ●暑さに強い品種は、夏の甲子園など
 
コマツナの品種は、葉型から3つの系統があります。 

葉身が葉柄の部分まで長く発達している有袴種と、葉身と葉柄がはっきりと区別され、シャモジ状をした無袴種、この両者の中間的な形状をし、葉身が葉柄部にわずかについている中間型があります。
また、品種によって葉の色に濃淡があり、一般に早生種は淡緑、中生・晩生種は濃緑です。

(有袴種) 安藤早生小松菜、新黒水菜
(中間種) 夏楽天、楽天、笑天、極楽天、浜美2号、わかみ、なかまち、はっけい
(無袴種) 城南小松菜、みずき

栽培ごよみ

komatsuna_sakugata201412.jpg
 (中間地) 

畑の準備

komatsuna_junbi.jpg

タネまき


作型別の栽培管理

●春まき :タネまき後、トンネル栽培か、べたがけ栽培にします
●夏まき :気温が高い時期の栽培は、防虫と遮光のため、寒冷紗やべたがけ栽培にします
●秋まき :10月下旬まきは、12月中旬以降、べたがけ栽培か、ビニールのトンネル栽培にします
 

間引き


追肥とかん水

間引き後、条間に有機質肥料をばらまき、土と軽く混ぜておきます。 
土が乾いたら、適宜かん水します。

主な病害虫

●主な害虫
アブラムシ、コナガ、ヨトウムシ、アオムシ、マメハモグリバエ、ハイマダラノメイガ(ダイコンシンクイムシ)、キスジノミハムシ、ナノクロムシ(カブラハバチ)
●主な病害
白さび病、炭そ病、萎黄病

キスジノミハムシ 
キスジノミハムシ

白さび病(葉裏)白さび病
左から上から 白さび病(葉裏) / 白さび病の蕾 
(提供 :社団法人日本植物防疫協会)

 

収穫

komatsuna_syukaku.jpg 

◆家庭菜園編 もくじはこちら