提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野菜づくりの基本

種(タネ)について

2009年7月30日

はじめに

 近年、新しい品種の育成に力を入れるメーカーが多くなり、抵抗性や耐病虫性の品種が増えつつあります。
 また、栽培する時期に合わせた品種や、品質(形状、色、味、ビタミン、ミネラル等)の良いもの、作りやすい品種が多く出まわっています。
 野菜をつくる場合、良いタネを選ぶことと、タネの性質をよく知っておくことが大切です。

よいタネの条件

benri_katei_tane3.jpg ●品種固有の特性をもっていること
●発芽率が高く、発芽がよく揃うこと
●よく充実して、乾燥・調整が正しく行われていること
●古いタネが混ざっていないこと
●ゴミや土・砂・雑草のタネが混っていないこと
●病害虫が付着していないこと
●袋にタネの採取年月日が記載されていること

タネの発芽

 タネの発芽には、温度と水分・光などが関係しています。
作物によっても異なりますが、発芽しやすい環境をつくりましょう。

「温度」 
●15~20℃ の比較的低温を好む種類は、春と秋に栽培するホウレンソウ、キャベツ、ネギ、レタス類など、たくさんあります。
●20~30℃ の比較的高温を好む種類には、ナス、トマト、ウリ類、マメ類などがあります。
「水分」
●水分が足りないと、発芽力が弱くなります。発芽が揃うように、タネに十分水分を吸わせます。
「光」 
●発芽するときに明るい方を好むコマツナ、レタス類、シソなどは、タネがかぶる程度にうすく土をかけます。
●その他の種類は、暗い方を好むため、タネの厚みの2~3倍程度に、やや多めに土をかけます。

タネのまき方


benri_katei_tane2.jpg

タネの寿命

 タネには、寿命があります。そのままの状態では、梅雨の時期の湿度や夏の高温などが原因になり、寿命が徐々に短くなります。 

タネの保管


 まき終わったあとに残ったタネは、茶筒やのりの空き缶などを利用して、乾燥剤を入れ、低温・低湿の状態で冷蔵保管します。
 タネは常に呼吸をしています。保管状態には注意しましょう。

いろいろなタネ

「使いやすく加工されたタネ」
●コート種子
 小粒のタネを、播きやすいように、一定の大きさ、形状に加工したもの。ペレット種子・造粒種子とも呼ばれます。 
●ネーキッド種子
 かたい殻を取り除き、裸状にしたタネ。水分の吸収がよくなり、発芽がしやすくなります。
●シードテープ
 パルプや綿、不織布や紙などのテープに、一定の間隔でタネを挟み込んだもの。畑にテープを引いて、土をかぶせるだけで、簡単にタネまきができます。 

コート種子(左は普通のタネ)シードテープ
 :コート種子(左は普通のタネ) /  :シードテープ

「F1と固定種」
 タネには自分の花粉で実る品種(=固定種)と、人工的に他品種と交配させて作る一代限りの交配種(=F1)があり、近年、F1のタネが増えています。 
 F1のタネは、固定種に比べて作物の揃いがよく、収量や耐病性にも優れていますが、出来たタネをまいても同じものはとれないため、毎年タネを用意する必要があります。

ミニ情報

「生産地は国際的」
 タネ袋の裏には、特性や栽培時期、栽培法、生産地などが書かれていますが、生産地が外国のものが、近年増えています。 
 これは、気象変動等により、国内でタネが採れない年があることから、 日本のタネを海外に輸出し、タネをとって輸入しているためです。

◆家庭菜園編 もくじはこちら