提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


水稲鉄コーティング湛水直播栽培の現地研修会を開催(茨城県筑西市)

2016年08月10日

 茨城県筑西地域農業改良普及センターでは、平成28年度全国農業システム化研究会実証調査事業により、鉄コーティング湛水直播栽培による「あさひの夢」の省力生産技術の現地実証調査を実施している。


※関連リンク
鉄コーティング湛水直播栽培による「あさひの夢」の省力栽培技術の実証 (茨城県筑西市)


 8月4日、筑西市小栗の現地実証ほ場にて現地研修会を開催したところ、県内各地から生産者や関係機関等90名程度の参加があり、猛暑の中、熱心に検討が行われた。


201608_sys_ibaraki_832.jpg  201608_sys_ibaraki_025.jpg
左 :県内各地から多くの参加者が集まった
右 :実証ほの概要を説明する筑西地域農業改良普及センターの興津専門員


 実証区および慣行区の概要は以下の通り。

201608_sys_ibaraki_hyo2.jpg
(クリックで拡大します)


 両区ともに雑草の発生も少なく、生育も順調で、実証区がやや茎数が多い状況だった。直播栽培は初期の茎数増加が早いため、稚苗移植より中干し開始を早める必要があるとの報告があった。


 参加者からは、「過去に直播で草だらけになって失敗したが、管理上の工夫は?」「移植と比べて反収の差はどれくらいになるのか?」など多くの質疑があり、具体的な対策技術やデータの紹介などにより検討が深まった。(みんなの農業広場事務局)


201608_sys_ibaraki_2923.jpg   201608_sys_ibaraki_8056.jpg
左 :慣行区(左)と実証区(右)
右 :実証区、慣行区共に生育は順調であった