提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


傾斜地における土壌流失対策技術の実証調査(青森県深浦町)

2014年08月27日

 青森県深浦町艫作(へなし)地区は、大規模で傾斜のある圃場が多く、近年の温暖化の影響から、集中豪雨時の土壌流失が問題となっている。

 そこで、集中豪雨等での土壌流失を軽減するため、パラソイラによる排水対策と、圃場内にテラス水路、集水路、草生帯を簡易的に設置して、水のみを排水する技術の有効性について、全国農業システム化研究会で実証調査をおこなってきた。

 昨年度実施したニンジン圃場では一定の効果が見られたことから、今年度は課題の残るダイコン畑での対策と、普及を考慮した、より簡易な作業体系を検討している。
 今年度最後の作業となった8月19~22日、8月3日に播種されたダイコン圃場(3ha)において、テラス水路の造成、観測機器の設置及び測量をおこなった。


※関連リンク
傾斜圃場にテラス水路を設置:傾斜地の土壌流失対策技術の実証(青森県深浦町)


20140820_aomori_0118.jpg  20140820_aomori_0091.jpg
実証圃場近くのニンジン圃場。
 :後方の線を描いたように見えるのが土壌流出部分
 :流出部分。ニンジンの苗が流されているのがわかる


20140820_aomori_0109.jpg
ダイコンの苗が流され、シードテープのみが残る実証圃場


20140820_aomori_0173.jpg  20140820_aomori_0188.jpg
ぬかるんだ圃場でも、半装軌式トラクタ(パワクロトラクタ)により、難なく作業を実施


20140820_aomori_0161.jpg  20140820_aomori_0164.jpg
トラクタ進路の目印となるポールを設置


20140820_aomori_0178.jpg  20140820_aomori_0191.jpg
畔塗機を使用し、等高線に沿ってテラス水路を3本造成する


20140820_aomori_0214.jpg  20140820_aomori_0222.jpg
溝切り機で明渠をつくり、テラス水路とつなげて水の流れを誘導する


20140820_aomori_0200.jpg  20140820_aomori_0204.jpg
計測機器の設置場所(昨年土のうが積んであった場所。別の角度から2枚撮影)。跡形もなく流出土砂に埋まっている。
この部分の土壌の堆積量についても、別途計測することとなった


 雨天で圃場状態が悪い中、半装軌式トラクタ(パワクロトラクタ)の威力が発揮された作業となった。
 収穫は10月上中旬。9月下旬には担当者が集まり、今年度の総括を行う予定となっている。(みんなの農業広場事務局)