提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


キャベツ施肥機械実演会の開催(山形県川西町)

2014年08月04日

 7月23日(水)、山形県川西町の全国農業システム化研究会事業の調査圃場で、キャベツ施肥機械実演会が開催された。

 この圃場は、6月10日に実施したモミタスとハーフソイラーによる排水対策からも分かるように、排水不良による生育不良や病害発生、また、干ばつ時に追肥が効きにくく、作柄が不安定となる課題がある。そのため本日は、単条うね3畦局所施肥とネビジン粉剤施薬の同時作業で、圃場準備の省力化、施肥量の低減(追肥の省略)と、作柄の安定を検証する。

 周りの圃場でキャベツ収穫が行なわれる中、約20名の参加者が実演を見守った。


(参考)
しっかりとした排水対策で、キャベツの安定生産モデル地区へ!(山形県川西町)


201407sys_yamagata_2127.jpg  
キャベツの収穫風景


201407sys_yamagata_2174.jpg  201407sys_yamagata_2170.jpg
 :溝切り口から見える籾殻(6月10日実施のモミタスによる)
 :スーパー3畦施肥成形機で楽に畦成形と施肥が行える


201407sys_yamagata_2178.jpg  201407sys_yamagata_2187.jpg
 :肥料がしっかりと局所施肥されていることを確認
 :ネビジン粉剤もロータリ前の全層混和で同時散布


 肥料のパワフル秋菜562(太平物産株式会社)は、窒素、リン酸、カリがバランスよく配合され、業務用キャベツの生産に適している。速効性肥料と被覆尿素肥料2種類の組み合わせで、肥効が持続するため、追肥作業を省力できる。
 ネビジン粉剤(クミアイ化学工業株式会社)は土壌殺菌剤で、菌核病と、特に既存剤では防除困難な根こぶ病に効果が高い薬剤である。


201407sys_yamagata_2206.jpg
実証調査圃場の農家も簡単に操作できた


 数日中にキャベツの定植を行い、10月頃の収穫をめざす。収穫時には、搬出の省力化・軽労化のため、後部フォークリフターの実証も行う予定だ。(みんなの農業広場事務局)