提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


農業機械実演会を実施(青森県十和田市)

2008年07月23日

 6月18日(水)、青森県十和田市のJA十和田おいらせ農業技術センターにおいて、全国農業システム化研究会に係わる「農業機械実演会」が開催された。


 当日は青森県農林水産政策課、上北地域県民局地域農林水産部普及指導室、青森県農林総合研究センター、JA十和田おいらせ、関係メーカー等の関係者や生産者が多数集まり、1)ドリフト低減ノズル 2)ニンニク植付機 3)マルチロータリー 4)ニンニク収穫機等の農業機械実演作業を行った。


1)ドリフト低減ノズルの実演
 上北地域県民局地域農林水産部普及指導室では、ナガイモにおけるドリフト低減ノズルと通常ノズルを使用したブームスプレイヤでの薬剤散布比較試験を行っており、その試験結果の説明および実演を行った。


2)ニンニク植付機の実演
 乗用自走型のニンニク植付機の実演では、実際に生産者が植え付け作業を体験し、その便利さを実感することができた。


左半分が通常ノズル、右半分がドリフト低減ノズル  ニンニク植付機の実演
 :左半分が通常ノズル、右半分がドリフト低減ノズル
 :ニンニク植付機の実演


3)マルチロータリーの実演
 青森県では、ニンニク栽培におけるセミクローラ型トラクタによる機械作業体系の実証試験を行っており、今回はセミクローラ型トラクタとマルチロータリーによるニンニク栽培のマルチ作業を実演した。


4)ニンニク収穫機の実演
 今回、最も注目を浴びたのが、クボタの乗用自走型ニンニク収穫機。次から次へとニンニクを収穫する姿を見て、「これで収穫時期の人手の確保に頭を悩まされることもなくなる」との声があがった。(みんなの農業広場)


ニンニクマルチの実演  ニンニク収穫機
 :ニンニクマルチの実演
 :ニンニク収穫機