提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


バイオエタノール用稲の直播、田植作業(新潟市北区)

2007年05月11日

バイオエタノール用水稲の現地実証で、直播と田植え作業を実施
 バイオエタノールの生産原料となる玄米の「低コスト生産実証」が、新潟県北区浦木にある、霜村上(しもむらたかし)氏の水田圃場50a(20a、30aの2区画)で今年度から3カ年行われる。



 この実証の目的は、
 (1)省力、低コスト多収穫栽培技術の開発、
 (2)籾の低コスト省エネ乾燥技術の開発、の2つ。

 5月1日、1)鉄コーティング種子の直播、2)多収穫をめざした密植による田植え作業を行った。


1)鉄コーティング種子の直播
 クボタの播種機を使った鉄コーティングの直播(20a)で、品種は「夢あおば」。4月11日にJA豊栄青果物センターにて鉄コーティング作業を行った種子籾を使用し、6kg/10a播種した。

 代かき後、通常よりも固めの圃場に播種、1~2週で発芽の見込み。鳥害(主にスズメ)がなく発芽率が良ければ、鉄コーティング種子の使用はコストダウン等のメリットが大きい。


  


2)多収穫をめざした密植による田植え作業
 1)の隣接圃場30aに密植区(70株/坪)と疎植区(45株/坪)を設け、4月5日にJA豊栄育苗センターで播種した「夢あおば」を移植した。作業にはクボタの田植機(8条植)を使用、植え込み本数は3~4本。
 高速機の使用によって、従来機では10aあたり30分要するところ、20分ほどで作業が進んだ。
 なお、今後の実証状況は、随時報告したい。



 この実証調査は、平成19年度産学官連携経営革新技術普及強化促進事業において、「バイオマス資源作物(イネ)の効率的・低コスト生産技術の実証・調査」として、平成19年度から3年間行われる予定である。(取材:みんなの農業広場事務局)

(画像をクリックすると大きく表示されます)


<参考>
鉄コーティング種子大量製造工程公開実演会
鉄コーティング種子を用いた水稲の湛水直播技術―技術開発・普及と今後の課題―