提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野菜

ニンニクの施肥低減及び省力化のための機械化体系の実証 (青森県・平成21~22年度)

背景と取組みのねらい

 ニンニク畑では、長年の堆肥施用でリン酸とカリが過剰となっているほか、10a当たり施用窒素成分量は、県の施肥基準が20~25㎏であるのに対し、現場では30㎏以上の施用となるなどの問題を抱えており、10a当たりの肥料費が4~5万円にもなっている。
また、植付時や収穫時には多大の労力を必要とし、高齢化・労働力不足等から、一層の省力化が求められている。
 このため、ニンニクの施肥低減及び省力化を推進するための機械化体系を実証して、早期に普及が可能な低コスト栽培技術の確立を目指す。
 具体的には、畦内全層施肥や畦内局所施肥による施肥低減、施肥同時畦立てマルチ、乗用自走式の植付け機、並びに収穫機を組み合せた機械化体系の経営的・技術的な課題や普及性について実証する。

実証した作業体系(作業名と使用機械)


作業別の能率と効果

砕土鎮圧、均平 能率と効果
 

バーチカルハローによる
砕土・鎮圧

 
レーザーレベラーによる
均平作業

 
実証圃場は、長年のロータリ耕により圃場の両端に土壌が移動し、中央部分がくぼ地になり、水が停滞する状態であった。
このため、バーチカルハローによる砕土とレーザーレベラーによる圃場の均平化を図った結果、くぼ地は解消された
 
●型式
パワクロトラクタ
バーチカルハロー
レーザーレベラー


施肥同時畦立・マルチ設置 能率と効果
 
施肥同時畦立てマルチャー


・作業時間は10a当たり約1時間
・トラクタ前部にタンクを設置。除草剤もマルチ下に同時散布
・機械植えは無孔マルチ使用。慣行体系は有孔マルチ使用
・畦立ては、ニンニク用畦立成形機

●型式
パワクロトラクタ (KL5150FQMANPC)
車速連動型肥料散布機 (DS-100MT-A6)
畦立成形マルチャー (PH-MR141B)


植え付け 能率と効果
 
乗用自走式植付機

 
4つの回転板に種子を設置


・ 作業時間は10a当たり約3.4時間。慣行の手植えでは2人で10a当たり13.4時間であることから、作業時間は大幅に短縮
・作業期間当たりの作業可能面積は約3ha(※)
・乗員2人による組作業で、植付け角度もほぼ適正

(※)
1日当たり19a
適期作業期間 9月20~10月10日(20日間)
20日間×0.8(可能日数率)=16日
19a×16日=304≒3ha

●型式
乗用自走式にんにく植付機 (N301)


病害虫防除 能率と効果
 
 
乗用管理機


・10a当たり作業時間は約0.5時間

●型式
乗用管理機 (RV60Y)


収穫 能率と効果
 

乗用自走式収穫機

 
収穫機後部では、
2人で根切り補助


・10a当たりの作業時間は4.9時間
・オペレータ1人、作業員2人の組作業
・3人の組作業でも収穫は効率化できるが、スピードを早めるには、補助員を1名追加することで、より効率化が図れる

●型式
乗用自走式にんにく収穫機 (AGH-1)


成果

 機械化体系により、労働時間は慣行体系に較べて10a当たり79.2時間(慣行比75.5%)に削減された。また、植付け作業(腰をかがめた状態)と収穫作業(茎葉処理の省略、運搬)で軽労化が図られた。
 機械化体系により減価償却費が約100万円増加するが、雇用費が抑えられるため、慣行100a規模に対して115aの想定面積で同等の所得が確保可能である。
左 :手植え作業

主要機械作業ごとの延べ作業時間


経営評価


<肥料散布機の施肥精度> 
・施肥方法は、慣行が全面全層施用に対し、試験区では畦内全層施肥及び畦内局所施肥とした。
10a当たりの窒素施用量は慣行の20~40%減としたが、ダイヤル式肥料散布の場合、肥料投入量は設定値に対して85~95%と精度が低かった。そこで、車速連動型で実施したところ、設定値に対して99.6%と高精度であった。

肥料投入イメージ





<施肥低減による収量>
・総収量は慣行区が1,068kg/10aで最も優り、減肥率が高かった実証区1が805kg/10aで最も収量が低かった。 品質は、局所施肥の実証区4がA品率が57.6%と高く、他の区は同程度であった。
また、植付け機が原因と思われる品質低下はみられなかった。





<まとめ>
・平成22年は越冬後から低温傾向で、このような気象条件ではロング肥料の肥効が悪く、更に減肥となったため、収量が劣ったものと予想された。
今回の調査において、局所施肥によるにんにく栽培について初めて取り組んだが、障害もなく、品質も他の区に比較して高かったことから、今後、施肥位置や量等について検討したい。

対象場所

青森県五戸町 


 

 
 五戸町は、青森県の東南部に位置し、気候は、夏季はヤマセの影響を受けて冷涼で、冬季の積雪は40cm前後と少ない。一年を通じて、しのぎやすい恵まれた環境にある。
 農業は、畑作や畜産、果樹と水稲を組み合わせた複合経営が主体だったが、70年代に所得向上を目指した野菜産地への転換が始まった。
 現在は、ながいも、ニンニク、ごぼうが主力品目で全国はもちろんのこと、ながいもは近年海外にも輸出されて、販路を拡大している。
 また、肥育牛の生産も盛んで『倉石牛』で全国に名を轟かせている。
 平成21年4月1日、三八地域の4つの農協(八戸広域・まべち・しんせい五戸・田子町)が新設合併して八戸農業協同組合(正組合数:約18,800人)が誕生した。
 八戸農協は県内最大の農協であり、今後は合併のメリットを活かした販売が期待されている。

(平成21~22年度 青森県三八地域県民局地域農林水産部)